セカンドオピニオンはてんかん外来のみ行っております。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンのイメージ写真

「セカンドオピニオン」とは『第二の意見』という意味で、現在の自分の病状や治療方針について主治医以外の医師の意見を求めることをいいます。
欧米では当たり前に行われており、セカンドオピニオンは患者さんの当然の権利でもあります。

「この診断で果たして正しいのだろうか?」
「絶対にこの治療法しか残っていないのだろうか?」
「もっと自分の希望や考えを伝え、納得して治療を受けたい。」
など、治療を受ける上で考えることは当たり前です。
しかし、正式に医学を学んだことがない患者様の立場では、これらの判断が困難なことはまれではありません。

そのような時、主治医以外の意見を聞くことで治療法の選択などについて判断材料を増やすことができるようになります。
より適した治療法を患者様ご自身で選択するため、セカンドオピニオンをご活用ください。

当クリニックでのセカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来では検査や診察はいたしません。
他院で行われた検査、画像、脳波などをもとに、診断や治療に対する意見を述べさせていただきます。
ご相談いただいた後の診療・治療については、現在かかっておられる医療機関にお願いすることになります。
なお、当院での継続的な診療をご希望の場合には、改めて主治医の先生から紹介状をいただき、外来受診をしていただくことになります。

セカンドオピニオン外来をお断りする場合があります

セカンドオピニオンは今後の診療のための判断材料を提供させていただく外来です。
そのため、主治医の先生の同意がない場合、医療過誤・訴訟に関する相談、亡くなられた方の相談などはお受けできません。
なお、患者様ご本人だけでなくご家族のみでもご相談可能ですが、ご本人がお見えにならない場合はご家族と分かるものをご持参ください。

セカンドオピニオン外来に必要なもの

  • 現在の主治医からの診療情報提供書または紹介状
  • 必要な資料(検査データ、画像データなど)

*情報診療提供書または紹介状などがご用意できない場合は、お電話で一度ご相談ください。

セカンドオピニオン外来をご希望の方は上記のものをご準備いただき、お電話にて予約をお願いします。

費用について

原則、30分とします。

30分まで 11,000円(税込)
30分を超える場合
15分ごと
11,000円(税込)